リフテクトガード使用事例

<鋳物製品メーカーの事例>

自動車部品や水道部品を製造する同社。部品の型をつくるために、溶けた鉄(溶湯)を鋳型に流し込みます。この作業を鋳込みといいます。

 

鋳込みをする時に溶湯を移し入れる、取鍋(とりなべ)は、型に注ぐ際に温度が下がらないように耐火物で蓋をされます。
しかしこの蓋は1500℃以上になる溶湯で数回使用すると壊れてしまうのです。
蓋が壊れてしまうと熱が逃げてしまい、製品の品質や生産効率に影響を与えてしまいます。
そこで弊社のリフテクトガードが力を発揮しています。
蓋にリフテクトガードを塗り乾かすだけで、蓋の耐久性が上がって、交換頻度が減ります。
交換頻度が減ると、蓋の費用も面倒な作業時間も削減につながります。

INUIは使用状況に合わせ、最も改善効果が出るのコーティング材をオーダーメイドで作っています。
まずはサンプルをお試しいただき、その検証結果を元にオリジナルのコーティング材をご提案させていただきます。