鋼片加熱炉用 耐スケールコーティング材

「リフテクト キルン」は耐スケール性に優れ、塗布するだけでセラミックファイバーなどの耐火物の浸食を防ぎます。
また、熱によるセラミックファイバーへの損傷を低減し、製品寿命を長期化できるとともに、薄く滑らかなコーティングが可能なことから、セラミックファイバーの飛散を防ぐなど現場の作業環境の改善に効果があります。

 

セラミックファイバー耐スケール性評価実験

各ブランケットにコーティング材と腐食性物質を塗り加熱。時間経過後の浸食具合を観察。

■AF(アルミナファイバー)

基体:AFブランケット/保持:1400 ℃ ×3h/腐食性物質 酸化鉄:炭酸ナトリウム = 8 : 2

■RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)

基体:RCFブランケット/保持:1400 ℃ ×3h/腐食性物質 酸化鉄:炭酸ナトリウム:炭素= 7 : 2:1

セラミックファイバー収縮性評価実験
1200度で24時間加熱。セラミックファイバーのコーティング有無による変化を観察しました。

 

200μmの薄さだからできる高耐久コーティング

  • コーティングのひび割れ抑制

  • 天井施工時の剥離防止

  • 高い耐風性で飛散防止