アルミ重力鋳造専用 保持炉蓋

通常1ヶ月程度でひびやたわみが発生し、交換しなければならない保持炉の蓋。
手間と費用がかかる蓋の交換コストを削減するために軽量で高い断熱性と耐久性をそなえながら、たわみ・ひび割れの発生を抑える「リフテクトボード」を開発しました。

リフテクトボードの場合。アルミナファイバーよりも高耐久 交換トータルコストを削減

アルミ重力鋳造の保持炉専用蓋

リフラクトリーセラミックファイバー(RCF)を使用せず、高い効果を実現

コーティング材が繊維の収縮を抑制

リフテクトボードに使用している コーティング材の収縮抑制効果
200μmの薄さの高耐久コーティングリフテクトボード