取鍋保温蓋専用断熱コーティング材 リフテクトガード

株式会社INUIが開発した国内初の保温蓋専用コーティング材「リフテクト ガード」は、溶湯の放射熱から保温蓋を守り、交換頻度を減らします。粘性が低く0.1~0.3mm 程度の薄く滑らかなコーティングが可能で、塗るだけで熱の負担を軽減させ、過酷な温度状況の中で劣化しやすい保温蓋の交換頻度を減らします。長期間の保存性に優れ、水ガラスや有機物は不使用なので加熱時の煙の発生もありません。また、加熱によるコーティング面の亀裂や剥離が起きにくく、熱による保温蓋の損傷を低減させます。断熱材の収縮抑制効果があり、耐摩耗性や耐食性も向上、製品寿命を長期化できます。

 

最新投稿

  • 中部経済新聞新聞に取鍋保温ぶた用遮熱コーティング材が掲載されました。

    中部経済新聞新聞に取鍋保温ぶた用遮熱コーティング材が掲載されました。

    続きを読む...

  • 「耐火物」2016年12月号にて弊社コーティング材が掲載されました。

    雑誌「耐火物」 2016年12月号にて弊社コーティング材が掲載されました。   …

    続きを読む...

  • 「機能材料」11月号 耐炎/難燃性繊維の技術動向にて弊社コーティング材が掲載されました。

    雑誌「機能材料」11月号 耐炎/難燃性繊維の技術動向にて弊社コーティング材が掲載されました …

    続きを読む...

  • 作業ユニフォームデザインプロジェクトにて、椙山女学園大学様に伺いました

    弊社の作業ユニフォームをデザインして頂いている、椙山女学園大学様に伺いました。 &nbsp …

    続きを読む...

お知らせ

一覧